安野モヨコの漫画じゃなくてエッセイがすごい

安野モヨコ 美人画報

安野モヨコさんの美人画報というエッセイ。

たまに読み返します。

美容に関するエッセイなんだけど、これが面白い。

自分をあげすぎず、さげすぎす。
あと、この人はものすごくお金持ちだろうに、金銭的な感覚の面でも全く嫌味がない。(てか、やっぱりものすごくお金を使っている事は書かれているのだけど。それでも。)


文章のリズムがよくって。でもダサくなくって。


何か書く事に疲れたり飽きてきたりすると、開く本。見本。

でも、安野さんの文章を真似するのは、ものすごくちゃんとした日本語をかける人じゃないとムリだなぁ、と最近わかりました。基礎があるからこその文章だね。
posted by 管理人K at 21:13 | 読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする